ソフトバンク通信障害 by徳島

徳島県内にて一部の地域で通信障害が発生しているようです。

詳細を書くと場所の特定になるので書けませんが。(^^;)

 

ソフトバンクとエリアを共有しているYmobileにも影響が出ています。

ネット上にも情報が特に無いし、電話が繋がらないのは問題。

お金払っているわけですからね。゚(´-﹏-`;)

 

仕事でゴタゴタしている間に、知人がソフトバンクショップに行って確認すると、問い合わせやクレームは聞いていて確認中とのこと。

 

、、、確認中って既に3日目なんですが、、、

しかも公式サイトにこのことに関して何も出していないなんてどういうこと?

 

ていうか、問い合わせの電話でオペレーションに対応してもらう方法が普通の人には判らないのではないかと思われるほど面倒です。

通信障害に関する問い合わせ先が、そもそも不明。

クレームは聞かないぞという姿勢ですかね?( ̄▽ ̄;)

 

まあ他のキャリアも似た感じのところはありますが、ソフトバンクは特にひどい気がします。

 

回線リスクを考えてドコモとソフトバンクを契約していますが、auに乗り換えようか考えちゃいますよねぇ。

| | コメント (0)

Spin311 CP311-3H-A14N>画面の黒色のムラ

Acer Chromebook Spin311 CP311-3H-A14Nを使用し始めて1日経ちました。ユーザー辞書問題がありますが(Spin311とC403SA共に起こっている)、それ以外は普通に安定して動いていて、良いですねぇ。(^^)

少しだけ動作もC403SAよりキビキビしていますし、モバイルするならこのサイズが良いですよねぇ。
今どきのPCと比べて本体サイズに対する画面サイズの小ささが気になる人もいるかも知れませんけど、その分丈夫だと思って使っています。

やっぱり屋外ですと画面の映り込みが気になりますねぇ。( ̄▽ ̄;)

それとこれは個体差かもしれませんが、もう一つ気になる点。
画面が真っ暗な状態になったときに、画面右端の隅が少しバックライトの光が漏れているのか黒色が薄いです。(ムラが有る?)
液晶の遮光の問題なのか、それともバックライトの光が側面から侵入しているのか不明です。

欠陥品だぁ〜〜!!って言う人もいるでしょうけど、僕は気にしないのでそのまま使います。

画面の色があっさりした感じなので「安物の液晶パネル」と思って安心して使います。
(°°)☆\バキッ

 

 

| | コメント (0)

Chromebook>ユーザー辞書トラブル

今日、Acer Chromebook Spin311 CP311-3H-A14Nのセットアップをしていて気がついたのですが、ユーザー辞書がおかしくなっています。

 

まず、品詞は英語になっていますし、選んでも妙な数字が出たり未選択状態になったり、、、

またインポートとエクスポートができません。

 

何故だろう??( ̄▽ ̄;)

 

| | コメント (0)

Acer Chromebook Spin311 CP311-3H-A14N ファーストインプレッション

AcerのChromebook Spin311 CP311-3H-A14Nが届いて数時間が経ちましたので、ひとまず気づいたことを色々。(^^;)

本体約1kgで僕が使ってきたノートPC系では一番かるく、モバイルするにはこうでないとって思っちゃいますね。
まあもう少し軽かったら言うことなしです。(贅沢な意見です)

画面は光沢ギラギラでメチャ映り込みます。ちょっと気になるので保護フィルムで対策するかなぁ。
発色はあっさり系って感じで、ASUS Chromebook C403SAと解像度は同じですが、14インチとSpin311の11インチでは’画面が小さい方が綺麗に見えたりします。(^^;)

あ!そう言えば画面と本体を繋ぐ左右のヒンジ部分ですが、片側だけ保護のフィルムが貼られていたのは何故だろう?( ̄▽ ̄;)


OSが32ビットで動いているのでどうかなぁっと思いましたが、確かコア数はこちらの方が多かったと思うのでC403SAよりキビキビしている気がします。
たまに引っかかりみたいな動きがあるので、この辺は1コア辺りの性能差が出ているのかもしれません。
(モバイルWi-Fiルーター経由で通信している影響もあると思います)

因みに電源ボタンを押してからパスワード入力画面が表示されるまでの時間は

Lenovo Chromebook S330 約10秒
ASUS Chromebook C403SA 約15秒
Acer Chromebook Spin311 CP311-3H-A14N 約9秒

と歴代トップとなっています。(OSのバージョンが異なっていますが、、、)


C403SAで気になっていたGoogleドキュメントで日本語入力時のキー入力から画面表示までのラグが改善するかと思ったのですが、殆ど差がないです。
Googleドキュメントが、入力時点で即データを保存している影響なので、これはどうにもならないかな??

キーの感触はC403SAより微妙に硬くストロークも少し浅い気がしますが、気になるほどではなく、キーピッチが14インチモデルとほぼ一緒なのが非常に快適です。(^^)

ひとまずこんなところですね。

また気になった点が出ましたらレビューします。

 

| | コメント (0)

Acer Chromebook Spin311 CP311-3H-A14N注文!!

只今、Amazonプライムデーが開催中です。

色々安くなっていますが、僕が狙ったのはChromebook。(^^)

 

きっと安くなる!安くなる!!( ̄▽ ̄;)

 

と思いながらチェックしていると、この10月9日に発売されたばかりのAcer Chromebook Spin311 CP311-3H-A14Nが20%オフになっているではないですか!!(゜o゜;

という訳でポチりました。( ̄▽ ̄)ノ

 

プライムデー開催前にゲットした1000円引きクーポンと僅かに残っていたAmazonポイントを適用して30424円です。

元は39800円ですからねぇ。

 

 

新しいChromebookは軽い機種が欲しかったのですが、Chromebookは安くて価値があると思っているのでずっとAmazonをチェックしていました。

Spin311 CP311の新型が出るのは知ってたのでスペックをチェック。

  • CPUはARM系MediaTek M8183C 2.00GHzで、Androidアプリとの相性が良さそう
  • 11.6型(1366x768)、光沢IPSタッチパネル搭載、画面360度回転
  • RAMは4GBで充分
  • バッテリー駆動 最大15時間!
  • 重量 約1.05kg、代わりに耐衝撃仕様は無し
  • Wi-Fi5対応、Bluetooth4.0
  • 自動更新ポリシー 2028年6月まで
  • SDカードスロットがない
  • USB-C端子(3.1 PD対応)とUSB-A端子(2.0)が各1個
  • ストレージは英語キーボードは32GB、日本語キーボードは64GB

この端末で気になるのは最後の3つかな?

USB端子数は多ければ多いほうが良いですが、今までの利用を考慮すると個人的にはこれで十分かなと思いました。

SDカードスロットがないのもクラウドメイン利用なので問題ないのですが、最後のストレージ容量が採用キーボードによって異なる点が最後まで悩みました。

何せSDカードによる外部拡張が出来ないとなると内蔵ストレージは大きいほうが良いのですが、僕が欲しい英語キーボード版は32GB。日本語キーボード版は倍の64GB。それで価格は一緒。。。( ̄▽ ̄;)

一度日本語キーボード版をカートに入れましたが、キャンセルして英語キーボード版を買うことにしました。理由はキーボードは一番触る部分なので妥協しなくて済むならそのほうが良いと思ったからです。

ノートPC使っている人は知っていると思いますが、指をホームポジションに置いたとき、日本語キーボードって画面に対して左によっています。英語キーボードだとほぼ画面中央に手が来ますので長く使っていると英語キーボードの方が快適ということにASUS Chromebook C403SAを1年利用し続けて知ることが出来ました。

※ Lenovo Chromebook S330は売却済(^^;)

 

C403SAは14インチで見やすいのですが、持ち運びには何せ重たいです。

iPadに純正キーボードを考えましたが、机置きでの利用が前提でキーそのものもノートPCに劣っていてしかも高い!Bluetooth接続のキーボードを利用しましたが、利用環境に制限が出るので不便していました。

Lenovo ideapad Duet Chromebookにしなかった理由もここにあります。iPadとかぶるし。(^^;)

 

という訳でSpin311は最強モバイル環境でテキスト入力がメインになる予定です。
届きましたらレビューを書こうと思っています。(^^)

| | コメント (0)

Chromeアプリ終了日程発表

Googleが1月15日、Chromeアプリのサポート終了に向けたタイムラインを発表しました。
2022年6月にChrome OSを含むすべてのOSにおいて、Chromeアプリのサポートが終了します。

Chromeアプリとは、今注目されているWebアプリみたいなモノです。
(厳密にはちょっと違いますが)

現在主流となりつつあるWebアプリ規格はPWA(プログレッシブウェブアプリ)で、対応お願いね♪って感じです。(^^;)

Chrome独自規格と標準規格の両方をサポートし続けるのはコストメリットが低いとの判断でしょうね。

終了することは以前から話が出ていましたので、僕はすでにChromeアプリの利用を避けていましたので、それほど困ることは無いのですが時代の流れは早いですねぇ。

あ!!Chromeの拡張機能はそのまま継続です。

| | コメント (0)

悲報!PocketWi-Fi607HW バッテリー膨らむ

現在、僕のネットライフを支えているモバイルWi-Fi端末、PocketWiFi 607HW。

 

今日なにげにPocketWiFi 607HWを見ると、裏蓋が浮き上がっていました。よく落とすのでそのときに外れたのかと思い、蓋をし直そうとすると出来ません。

 

あれ??と思い蓋を外してみると、なんと膨れ上がっているではないですか!!Σ(゚Д゚)

 

これはヤバイと思い、Amazonで607HWで検索をかけましたが出てきません。
ファーウェイが自前で販売している端末のバッテリーは容量が異なりますから多分使えません。(蓋が出来ない可能性が高いです)

 

というわけでバッテリーの型番で検索をかけると1件ヒットしました!!(^^)

 

 

ワイモバイル Pocket WiFi 401HW/506HW 対応 純正電池パック HWBBR1 (PBD15LPZ10)

 

 

いやぁ。良かった。(^^;)
純正品なので割高ですがそのへんは仕方ないですね。バッテリーは消耗品ですから。

 

 

リチウムイオンバッテリーが膨れ上がっているのは、バッテリーが交換可能が機種が多かったときは見ましたけど、最近はわかりませんからねぇ。

 

| | コメント (0)

Chromebookの自動更新ポリシー延長?!

ASUS Chromebook C403SAがOSのアップデートでGoogleアシスタントの利用が可能になり、

ちょっとウキウキしていたのですが、何気に他にも変更がありました。

 

なんと一部の機種で自動更新ポリシーの延長が行われています。

 

現在メインで利用しているASUS Chromebook C403SAは2023年の11月から2024年の6月と変更になっています。

これは地味に嬉しいですよね!!٩(ˊᗜˋ*)و

 

正直、まだ使えるのに自動更新ポリシー期限が来たので買い換えるのはあまりにも勿体ない。

まあバッテリーの劣化が気になるところですが、Androidのアプリも一部使える安価な端末として長く使いたいですね。(^^)

| | コメント (0)

ASUS Chromebook C403SA こいつ、、、動くぞ!

ASUS Chromebook C403SAとLenovo Chromebook S330の両方を触って、意外とスペックの違いがあることを発見(?)しました。

単純な比較ですが、電源オンからパスワード入力画面までの時間を測ってみました。

Lenovo Chromebook S330 約10秒
ASUS Chromebook C403SA 約15秒

意外と差が出ました。

また、ASUS Chromebook C403SAを初めた時に、Googleドキュメントを使って文字入力している時に入力に表示や変換がついていかないときがありました。
初起動で裏で色々動いていたのでしょうけど、Lenovo Chromebook S330では経験しませんでした。

今はそんなことなく動作していますが、恐らくコア数の違いの影響があったのかもしれません。
ASUS Chromebook C403SAは2コアでLenovo Chromebook S330は4コアらしいですからね。それにCPUベンチマークとかネットに出ている情報ではマルチコアでのスコアはLenovo Chromebook S330の方が上みたいですから。

ただ、YouTubeの再生とかはASUS Chromebook C403SAが良さげ。
この辺はOSが32ビットか64ビットかで差が出ているのかもしれません。

使いだして、しばらく経過した後ではOSの起動時間以外の差は殆ど感じません。
Androidのアプリの対応に差がありますので、どちらかというと性能差よりそちらが気にしたほうが良いかもしれませんね。
またAndroidアプリ自体も、Lenovo Chromebook S330の方が動作が軽いみたい。
ASUS Chromebook C403SAでPodcastアプリの「Castbox」を再生しながら他のことをすると、音声が途切れることがあります。

 

で、僕はどちらをメインに使っているかというと、、、

実はASUS Chromebook C403SAです。

理由は、画面がASUS Chromebook C403SAの方が綺麗で、キーボードのストロークが2mmと深いのが使いやすいです。
ネットブラウジングより、文章作成のほうが多いのでこのキーストロークは良いですね!

で、これが一番大きいのですが、ASUS Chromebook C403SAの方が安定動作しています。
Lenovo Chromebook S330は原因は不明ですが、色々作業しているとタマにOSが落ちることがありますが、それが無いのです。

ただ、CPUパワーが足りないのか、開くサイトやアプリなどの組み合わせによっては日本語入力が遅くなるので、その点に気を使う必要があるのが難点ですかね。(^^;)


まあそれ以前に、ChromeOSは日本語変換があまり賢くないですからそれが気になる人はいるかもしれませんが。( ̄▽ ̄;)

それに持ち運びにはやっぱり重いのが駄目な人もいるでしょうね。僕は画面の大きさとトレードオフでOKですが。( ̄▽ ̄)ノ

 

| | コメント (0)

ASUS Chromebook C403SA ファーストインプレッション

早速ASUS Chromebook C403SAを購入してセットアップしました。
と言っても、Googleアカウントを入れるだけで基本的にはOKなんですけどね。(^^;)

でも最初にアレってなりました。
Googleアカウント入力時「@」を入力しようとしたら何故か「”」が、、、
どうやら設定がUSキーボードではなくデフォルトで日本語キーボードになっていたみたいです。
まあ、これは過去の経験でこの辺かな?と思うところを探ったら入力できました。

で、アプリも自動で復元され、、、でまたアレってなりました。(^^;)
Lenovo Chromebook S330で、AndroidアプリのOneNoteを入れていたのですが、これがASUS Chromebook C403SAではインストールされませんでした。

理由は対応していないとか。
つまりARM系CPUは対応しているけどインテル系CPUには対応していないと。。。(・_・;)
この辺は、ウェブストアにあるOneNoteオンラインで対応しました。

Playストア対応になったChromeOSですが、搭載されているCPUによって利用可能なアプリに差が出ていますねぇ。

相変わらず初期設定時にアップデートされないOSは立ち上がった後、手動でアップデートを行いました。(初期バージョンは71でした)

あと、復元されなかったのは

  Googleアカウント ※メイン以外の
  Bluetoothのオンオフ
  各Androidアプリの設定
  YouTubeサイトの設定
  日本語入力設定とユーザー辞書インポート

は手動でし直しました。

一通り対応し終わるのに30分くらいでした。


で、その間に思った外観的なところ。

1.液晶画面が綺麗!
Lenovo Chromebook S330と比べると格段に綺麗です。視野角もASUS Chromebook C403SAの方が広いですし、発色も上ですね。
2.ディスプレイの開閉が少し軽い。
この辺はディスプレイを開いたまま本体をちょっと振るとグイッと画面が開きます。この辺はディスプレイ側も耐衝撃性を高めた為に重たいのでしょうけど、ちょっと気になりますね。

3.キーボードのストロークが深い。
最近はストロークの浅いキーボードが多い中、このストロークは個人的には好きです。パッと見た目はおもちゃっぽいですが防滴仕様も関係しているのかな?

4.キーボード面のプラスチックが手脂まみれ。
これはかなり気になります。トラックパッドもそうですが表面仕上げを工夫して目立たないようにできなかったのかなぁっと思いますねぇ。

5.本体底がホカホカ。
ファンレス仕様なのですがLenovo Chromebook S330より明らかに発熱しています。これは気になりますねぇ。熱暴走しないかな??

6.本体がでかい。
本体横幅が結構あります。14インチだなぁって感じですねぇ。( ̄▽ ̄;)
正直Lenovo Chromebook S330の横幅がかなり切り詰めているので、比較すると、、、

7.USB端子が多い。
これは今のところ恩恵はないですが、左右どちらのUSB-Cから充電できるのはいいですね。

8.音は価格なり。
音量はASUS Chromebook C403SAがでますね。


とまあ、ひとまずファーストインプレッション。

また感想アップしますね。(^^)

 

| | コメント (0)

より以前の記事一覧