« ATOK 2009 for Mac アップデート | トップページ | ポメラって売れているらしい »

ポメラ(DM20) とF-09Aを組み合わせる

ポメラ(DM20)をいじりながら一人ほくそ笑んでいる僕。(^^;)

せっかく手に入れて、テキスト入力端末として活躍してもらうには、やっぱり携帯電話との連携が簡単にできるかが鍵となります。

と言うのも、ブログで長文を書いたりするとき携帯電話のキーになれている人は良いですが、僕はどうしても長文は苦手です。
マシンガンのように携帯電話でメールを書いている人を見ると、ちょっと羨ましいです。(^^;)

そこでポメラ(DM20)の出番です!
このキーボードで記事を作成して携帯電話に転送し、メールで投稿できれば嬉しいですよね。

普通に長文メールを作成するときも使えますしね。


そこでどのようにしてデータを携帯電話に移すかです。
ポメラはmicroSDが利用可能なので、それを利用する手もありますが、せっかくポメラ(DM20)はQRコードの生成が可能ですからそれを利用しない手はないです。

と言うわけで!!

ポメラ(DM20)で入力したテキストデータをNTT docomoのF-09AにQRコードを利用して取り込む方法を考えます。

と言っても、QRコード自体の生成は簡単。
ポメラ(DM20)でF-09Aへ転送したいテキストを開いている状態で「alt」+「F5」キーを押すだけ。
それをF-09Aのバーコードリーダーに取り込むだけ。

簡単簡単♪と思っていたのですが、使い勝手がとても悪いです。(´д`)
ポメラ(DM20)の方は問題ないですが、F-09Aの方の取り込みがちょっと面倒です。

まずQRコードを取り込むときにオートフォーカスが標準でオフになっていますので、決定(センター)ボタンを押してAFを有効にする必要があります。

まあ、この辺は問題ないですが、200文字を越える文字数を転送するには複数のQRコードを連続で読み込む必要があります。

そこでF-09AがQRコードを認識後、次のQRコードを要求してきますのでポメラ(DM20)のカーソルキーの「↓」を押して次のQRコードを表示させるのですが、これをスムーズに対応しようと思ったら、カメラを持つ手をいかに固定して次々とQRコードを読み込ませるかがポイントです。

僕は左手でF-09Aを構えて、右手の甲で左手手首辺りを支えながら右手小指でカーソルキーを押しています。
また、読み込みの順番は問わないので、カーソルを押しすぎて飛ばしても問題ないです。
その辺は試行錯誤して研究して下さいね。(^^;)


で、すべて読み込んだ時点で自動で読み込んだ内容がF-09Aに表示されます。

ここからが問題です。
この表示されたテキストをメールに張り付ける方法が面倒なのです。
通常ですと、読み込んだ画面のまま「MENU」ボタンを押して「コピー」を選びます。コピー範囲の指定に移りますので「全選択」を押して「終点」を押せば「コピーしました」とメッセージがでますので、電源ボタンを押してバーコードリーダーを終了させ(読み込んだ内容は消えてもOKです)メールソフトの新規作成画面を呼び出し、メール本文の入力画面に移ります。
ここで「MENU」「コピー・切り取り・貼付け」「貼り付け」と選べば、QRコードで読み込んだテキストデータが貼り付け可能です。

あぁ〜、書くだけでも疲れます。(´д`)

何か良い手はないかと調べていたところ、ありました!


ポメラ(DM20)で生成するQRコードに一工夫します。


テキストデータを作成するときに以下の呪文(タグと言われています)を利用します。

  MATMSG:TO:;SUB:;BODY:;;

何じゃ?これ?って感じですが、これを利用すると簡単にメール作成画面へのテキスト貼り付けを自動化できます。


MATMSG:TO:○○@gmail.com;SUB:メール;BODY:こんにちは。テストのデータです。
なにも気にしないで。
;;


と言った感じです。


「TO:○○@gmail.com;」は送信先メールアドレスです。
指定しない場合は「TO:;」でOKです。

「SUB:メール;」はメールの件名です。
指定しない場合は「SUB:;」でOKです。

「BODY:」から後ろがメールの本文です。
メール本文の末尾は「;;」で指定します。「BODY:」のすぐ後ろで改行を入れると、メール本文の1行目に改行が入ってしまいます。


ここで注意は、

 1)メール本文以外では改行を入れてはいけません。
 2)呪文(タグ)は半角文字で記述。
 3)半角の「;」を件名やメール本文で使用禁止。

この3つを守らないとだめです。

実はこの記事もこのテクニックを利用してF-09Aに転送して利用するため、記事内の「;」はすべて全角にしています。

ですので、ここで書かれている呪文(タグ)に使われている「;」も全角になっていますので、利用するときは「;」をすべて半角に置き換えてください。

顔文字などで利用したい場合は「;」を全角で利用してください。

さて、この方法で短いテキストデータを作成してQRコードを生成してF-09Aで読み込ませてください。

すると、読み込んだデータのトップに「メール作成」と言うリンクが選ばれた状態になっていますので「選択」ボタンを押すと、あっと言う間にメール作成画面が立ち上がり、読み込んだ内容が貼り付けられています。(^^)

楽ちんだ〜♪(´▽`)


この呪文(タグ)を単語登録しておくと、後々簡単に利用可能となります。
また、定型文として登録すれば「alt」+「F3」で呼び出すことが可能になりますので、こちらも利用すると便利ですね。

後はF-09Aの方もバーコードリーダーが簡単に起動できるようにしておきましょう。(セレクトメニューに登録とか)


これで追加投資なしでもポメラ(DM20)からF-09Aへテキストデータを送ることができるようになりました。o(^▽^)o

|

« ATOK 2009 for Mac アップデート | トップページ | ポメラって売れているらしい »

コメント

はじめまして。

先日ポメラを購入して、データをなんとかブログやSNSに簡単に携帯から送信できないのか?と
いろいろ試行錯誤していたのですが、こちらで教えていただいた方法で、簡単に実行できました!!

本当にとっても嬉しいです!!!
大・大・大感謝しています。

ありがとうございました♪

投稿: 天胡 | 2010.11.21 14:22

初めまして。(^O^)/

お役に立てて良かったです。(^^)

テキスト入力に特化しているポメラって起動も速いですし、パソコンとはまた違った端末ですですよね。
僕は興味本位で手に入れましたが、パソコンより気軽に使えて携帯電話を経由してデータの送信が出来る事が判って、ホント便利になりました。

天胡さんもポメラをドンドン使ってあげて下さいね。

投稿: ひろリン | 2010.11.21 14:32

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ポメラ(DM20) とF-09Aを組み合わせる:

« ATOK 2009 for Mac アップデート | トップページ | ポメラって売れているらしい »