« Mac OS X 10.6 Snow Leopardの中身をちょっと見る | トップページ | Mac OS X 10.6 Snow LeopardはPowerPC系ソフトが動く最後のOS? »

Mac OS X 10.6 Snow Leopardの中身を見る その2

さて、今度はアプリケーションフォルダ内をチェック!( ̄▽ ̄)ノ


まず目に付いたのが、アイコン表示されているプログラムが歯抜け状態に表示されている事。

何か削除された(アンインストール)のかと思いましたが、実際に削除されているモノもあるようですが、移動しているソフトもありました。
例えばExposéやSpaceがユーティリティフォルダに移動してたりしました。

消えたソフトが何か記憶がないのでひとまず置いといてヾ(^^;)オイ

僕が気になったのが、QuickTime Playerです。

Mac OS X 10.6 Snow LeopardからQuickTime Player Xとなり、インターフェイスが一新!
Quick Lookの機能を拡張したような見た目(ウインドウ)になりました。

ただ、以前のQuickTime Player 7がユーティリティフォルダの中に移動して残っています。

僕はプロキーを購入してQuickTime Player 7 Pro となっていました事が影響していたのかも知れませんが。(^^;)

恐らくQuickTime Player Xに無くて、QuickTime Player 7 Proにある機能が存在するのだろうと思っているのですが、未確認です。( ̄▽ ̄;)

後、システム環境設定の中身が色々変わっています。
僕が真っ先に確認しましたのが、ファイヤーウォール機能。
またインターフェイスが変わっていますが、以前より判りやすくなった感じ。(^^)
また設定が引き継がれていたのか、きちんとオンになっていました。

それ以外にも、キーボードのショートカットが項目別に分かれて判りやすくなっていたりと、ちょっとした改良を加えている様なので、一度一通り見ておいても良いかも。


最後に追加で無事に起動したソフトを追記します。(^^)

・NewNOTEPAD Pro 2.2.3
・MacFace 1.3.1
・日めくり 3.1.1
・FreeMind 0.8.1

|

« Mac OS X 10.6 Snow Leopardの中身をちょっと見る | トップページ | Mac OS X 10.6 Snow LeopardはPowerPC系ソフトが動く最後のOS? »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。

Snowleapard導入に伴い、互換性を調べていました。
こちらでNewNOTEPADが動くと知り安心しました。
大切な情報を有り難うございます!

投稿: モカ | 2010.01.14 11:32

コメントありがとうございます。(^^)

NewNOTEPAD Pro 2.2.3ですが、PowerPC系ソフトなのでMac OS X 10.6 Snow Leopardインストールディスクに収録されているRosettaをインストールする必要があります。

標準ではインストールされないので、OSのインストール時に一緒にインストールすれば楽ちんですよ。(^O^)


今回のMac OS X 10.6 Snow LeopardでRosettaが標準でインストールされてないと言う事は次期Mac OS XではPowerPC系ソフトは動かなくなる可能性が高いのが気になります。(・_・;)

投稿: ひろリン | 2010.01.14 11:44

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10814/46060527

この記事へのトラックバック一覧です: Mac OS X 10.6 Snow Leopardの中身を見る その2:

« Mac OS X 10.6 Snow Leopardの中身をちょっと見る | トップページ | Mac OS X 10.6 Snow LeopardはPowerPC系ソフトが動く最後のOS? »