« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »

今年もお世話になりました

ただいま紅白を見ています。
今年もホントにカウントダウンです。

このブログも2003年(平成15年)12月28日(日)に開設され、もう4年が経過して5年目に突入しています。

自分でも良く頑張って続けているなぁっと感心してしましますヾ(^^;)オイ

これからもMacやWindowsだけじゃなく、色々と気になったことを書き込んでいこうと思いますので、皆さんよろしくお願いします。m(._.)m

よいお年をお迎えください。(o^_^o)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

iPod touch 環境構築中

今年も終わりですねぇ。( ̄▽ ̄ )

iPod touchを購入して間がないですが、すっかり気に入っています。(*^^*)
なんて言いますか、インターフェイスが触っていて楽しいのですよね。

利用もホントに以前CLIEでしていたような、音楽を聴きながらスケジュール確認(アラームを利用する関係メイン)をしたりと使っています。

ただ、やっぱり入力がPalmに比べると面倒なので、WILLCOM 03の代わりにはなりませんね。(^^;;

あと、ToDo関係が無いのが気になります。
どうしてないのだろう??(・_・?

それとメモ機能はありますが、MacのMailにある「メモ」とは同期できません。
何故?( ̄▽ ̄;)

不満点が色々ありますから、いろんなソフトが出てきているのでしょうけどね。(^^;;

で、僕も早速ソフトを購入しました。
購入したソフトは以下の3点。

・大辞林
・i英辞郎
・Air Sharing

最初の2つは辞書ソフトですが、3つめはiPod touchを無線LAN接続によるHDD化&ファイルビュアーソフトです。

辞書ソフトはただ単にiPod touchに辞書が全く付属していない為の導入です。
調べ事したいときってありますからね。(^-^;)

Air SharingはPDFやExcelなどのファイルを閲覧可能なソフトです。
ただ、閲覧可能なだけではなく、iPod touchを無線外付けHDDのように扱え、MacですとFinderを利用してドラッグ&ドロップで簡単にiPod touchへファイルをコピーしたり削除したり出来ます。

通信を利用した使い勝手はiPhoneには全くかないませんが、僕のように通信メインではなく情報閲覧(ビュアー)的な使い方がメインになる人にはかなり便利に使えるソフトだと思います。

詳細は別途書き込みしますが、iPod touchの活用範囲を広げる素晴らしいソフトだと感じました。


・・・と言うわけで、色々弄っているところですが気になる点が。。。

やっぱりバッテリーのもちが悪そうです。
液晶のサイズも影響しているのかも知れませんが。。。

それと音楽再生の使い勝手は、ホイールをクルクルするのと比べると悪いですね。
何せ操作は必ず画面を見ながらでないと不可能に近いですからね。
音楽再生しか利用しないのであれば、他のiPodの方が良いかもしれません。

後は・・・画面が手の脂で。。。( ̄▽ ̄;)

ま、まあ僕はおおむね満足ですけどね。(^O^;;

リンク: アップル - iPod touch.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

iPod touch購入

iPod touch (32GB)を購入しました!ヽ(^∀^ )ノ

iPhoneが欲しいなぁ〜っと思っていましたが、既にNTT DoCoMoやWILLCOM、さらにはイー・モバイルも契約している僕としては、これ以上回線を増やすのは・・・と思ったのと、通話はD905iがメインで、メールはWILLCOM 03がメインになっている現状を考えると、重なる部分も多いですからね。

と言うわけで、画像ビュアー&音楽再生、そしてPIMとしての機能に期待しての購入です。
でも、iPod nanoと比べると随分大きいですね。ヾ(^^;)オイ

それにしても、今までのiPodとは全く違いますね。
今までは正直音楽以外に使うなんて事はありませんでしたが、iPod touchははっきり言って情報端末・・・すなわちPDAですね。(^^;)
音楽再生機能なんておまけみたいに感じます。(^O^;;


まだ触りだしたところなのですが、触っていてなんだかソニーのPalm端末「CLIE」を思い出してしまいました。
なんだかPEG-TH55が発達した端末がiPod touchのように感じてしまいます。( ̄▽ ̄;)
予定表は明らかにCLIEの方が使いやすい感じがしますが。(^^;;

そう考えると、ソニーもやり方によってはCLIEがiPhoneやiPod touchに変わる存在になっていたかも知れないのですよね。


リンク: アップル - iPod touch.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ソニーが新型モバイルPCを予告?!

遂に・・・というか、やってきましたね。(^^;)

大手メーカーがネットPCを投入している中、沈黙していたソニーが遂に動き出しそうです。
この不景気の中、ネットPCはドンドン売り上げを伸ばしていますからね。

さて、一体どんな形で発表されるのか、ひとまずエントリーはしておきましたので、続報が楽しみです。(^^)

・・・でもMacBookを買って間もないからなぁ。( ̄▽ ̄;)

リンク: ソニー、“封筒がカギ”の新型モバイルPCを予告.

| | コメント (2) | トラックバック (0)

MacBook Windows VistaでBluetoothの不思議

皆さん年賀状はどうしていますか?

僕は書かなくなっちゃいました。(^^;)
メールで済ましちゃっていますからね。( ̄▽ ̄;)

ただ、うちの親が200枚くらい送っているので、年賀状のデザインを考えたり慌ただしくしています。(^^ゞ

で、今回MacBookのWindows上の一太郎2008で行っているのですが、PIXUS iP90をWindows VistaのBluetooth経由印刷の設定をしていなかったことを思い出し、早速対応してみることにしました。(^^)


・・・で、どうするの?( ̄▽ ̄;)

と数秒考えましたが、タスクバーの右の方にBluetoothアイコンがついているので、クリックしてみるとメニューが表示されました。

な~るほど。ここでPIXUS iP90の登録をすればいいわけですね。(σ・∀・)σ

表示されるとおり設定をして登録自体は問題なくできたのですが、ちょっとした問題が発生!

その問題は、

1) 新しいハードウェアが認識されているがドライバーは?(・_・?

「Bluetooth Peripheral Device」と言う名称の新しいハードウェアが認識されるのですが、ドライバーが不明です。
何でしょう?( ̄▽ ̄;)
ひとまず無効の設定をしていますが、気になります。

ちなみに

・Bluetooth 印刷サポート
・Generic Bluetooth Adapter
・Microsoft Bluetooth Enumerator

が認識されて、ドライバーもインストールされています。

2) Bluetoothのオンオフはどうやって・・・( ̄▽ ̄;)

・・・謎です。(^^;;

印刷自体は出来ますがBluetoothを使わないときはオフにしたいですし、認識されていない機能はそのままで良いのかなぁ。。。と思っています。

う~ん、ひとまずは良いですが。。。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

MacBook(アルミ) トラックパッドアップデート!(Windows)

遂にでました!!

MacBookでWindows Vistaを利用していて、ドラッグ操作に不自由をしていた皆さんに朗報です。

Apple Software Update経由で可能です!(^O^)
(約3.7MB)

早速アップデートをして、使っていますがドラッグ操作出来ちゃいます!
ただ、Mac OS X10.5 Leopard上のようにタップでドラッグ操作をする場合は指を離すと切れちゃいますが、パッドを押し込んでのドラッグ操作は押し込んでいる間、きちんとドラッグ状態が維持されます。(^^)

これでやっと人並みになりました。(^^;;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Firefox3もアップデート

もう18日です。
今年もあと半月を過ぎましたね。(^^)

と言う訳かはわかりませんが、色々アップデートが出てきていますね。

昨日はFirefox3のアップデートが出ていました。

で、Mac版とWindows版の両方をFirefoxの「ソフトウェアの更新を確認」を利用して確認したのですが、更新ファイルサイズが結構違うことにビックリ。
2MBくらい差があったような気がします。

まあ、OSが違いますから。。。ね。(^^;)

リンク: Mozilla Japan - 次世代ブラウザ Firefox とメールソフト Thunderbird の公式サイト.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Mac OS X10.5 Leopard アップデート

今年最後と思われるMac OS X10.5 Leopardのアップデートが出ています。

Mac OS X10.5 Leopard 10.5.6 アップデート
ソフトウェアアップデート経由で377MB!(MacBookで確認)

あのぉ・・・ファイルサイズ大きすぎません?( ̄▽ ̄;)

Mac OS X10.5 Leopardを利用している全ての人にお勧めしますと画面には出ていますが、このサイズは。。。
イー・モバイルに契約したので、以前ほどは苦になりませんが、、、ねぇ(;´Д`)

で、早速アップデートしましたが。。。変わったところが判りません(^^;;

Windows Vistaでのトラックパッドが改善したら・・・と期待しましたがその辺も変化がありませんでした。

トラックパッドから指が離れたときのクリック保持の時間調整や、ダブルクリックの判定調整が出来れば・・・でも改善される雰囲気が無いのが。。。(;´Д`)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

手帳活用術のチェック

ここ数年は手帳が流行しています。
昔、システム手帳が流行った時代もあり、電子手帳へ流れようと言う空気だけがありましたが、また紙メディアに戻ったという感じですね。

僕もCLIE以降は紙の手帳がメインです。
しかも、超整理手帳とほぼ日手帳。(^^;
そして携帯電話が高機能化し、そちらも活用するようになったという感じです。

ただ、今がベストではないと思っていますので、色々気になるものを見つけるとチェックしちゃいます。(^^ゞ

最近よくチェックするのが手帳関連の情報。

本・雑誌系では

・日経ビジネスAssocie 2008年11・04号
・日経WOMAN 2008年12月号
・PRESIDENT 2008年11・3号
・PHPビジネス THE 21 2008年12月号
・ほぼ日手帳公式ガイドブック
・図解「超」手帳法

を購入。(^^;;

そして、最近毎週チェックしている番組は、

・NHK番組「めざせ!会社の星」

です。つい最近「手帳」の特集の放送をチェックしたばかりです。
(今週 NHK教育で再放送があります。確か16日(火曜日)AM0時50分〜)

他人の手帳を見たり、また活用を見たり聞いたりすることって、同じ事聞いてもその時の状況や感情から興味を持ったり持たなかったりとして飽きないのですよね。(^^;;

特に文字や写真情報でチェックすることが多いので、テレビで見たりすることは結構新鮮だったりします。

「めざせ!会社の星」では同じ放送を何度もしていたりするので、チェックを忘れても大丈夫なのですが、そうじゃなくても一度見ているのにまた見ちゃうのですよね。( ̄▽ ̄;)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

ATOK for Windows Mobile 導入

イー・モバイルを利用するようになっても、WILLCOM 03は当然活躍中!(^O^)
日々利用していますが、不満要素があります。
それが、日本語入力です。

テンキーでの入力はタッチパネルの為、どうしても快適に入力できないので、、、と言うかD905iの方が快適に入力できるので(^^;; それほど利用せず、フルキーボードでの入力がメインになっています。

ただ、日本語変換が非常に使いにくい。(´〜`)
僕自身の問題ですが、ケータイShoinの入力がどうしても慣れないのです。
使っているうちに慣れると思っていましたが慣れません。
Microsoft IMEもイマイチです。

僕はオールドタイプですから。。。( ̄▽ ̄;)

と言うわけで、ATOK for Windows Mobileを購入しました!\(^▽^)/

導入自身はActiveSync経由で行うよう取扱説明書には書いていますが、要はWILLCOM 03のマイドキュメントにセットアップファイルがあればOKなので、CD-ROMの中から「ATOKPWM.CAB」をmicroSD経由でコピーしてセットアップしました。

さて、セットアップ後の感想ですが。。。

変換で出てくる候補が良いのももありますが、やっぱり操作が快適!(・∀・)!


文節の変更が左右キーで可能です!
それに「Ctrl」キーと「Y」キーや「U」「I」「O」「P」で「全角かな」「全角カナ」「半角」「全角英字」「半角英字」が出来ます!
パソコン版とはキーが一つずれていますが、この辺は仕方ないですね。
それにカーソルキー「↓」で文節毎の確定が出来ない点はD905iと同じなので僕は問題なしです。(^^)

あ!テンキーでの文字入力は使えないので注意して下さいね。


どうしてもっと早く導入しなかったのかなぁ。( ̄▽ ̄;)


と言うわけで、

 WILLCOM 03
 D905i
 MacBook (Mac OS X10.5 Leopard・Windows Vista)
 VAIO U (PCG-U101)
 VAIO TypeU (VGN-UX90S)
 PSP (PSP-3000 シルバー)
 PS3 (CECH-A00 60GB)
 PSX (DESR-5100)

全てATOK環境です。(^^;;

・・・ATOK依存症ですね。ヾ(^^;)オイ

リンク: 日本語入力システム ATOK for Windows Mobile.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「ブログ妖精ココロ」一周年記念イベント開催中!

僕のところにやってきて、まだ間がないココロちゃんですが、登場してもうすぐ1年なのですね。

と言うわけで、一周年記念イベントが行われています。

リンク: 期間限定イベント:「ブログ妖精ココロ」一周年記念イベント:ブログ妖精 ココロ:@nifty.

で、、、注文しちゃいました。(^^;;
一周年記念グッズ!(^^ゞ

欲しい方は早めに注文ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

MacBook EFIアップデート 他色々

Appleからアップデートが色々出ています。

MacBook EFIファームウェア・アップデート
MacBook SMC ファームウェア・アップデート

※ ソフトウェアアップデート経由で可能です。

そして、MicrosoftからMicrosoft Office 2008 for Macのアップデートも出ています。

MacBookのアップデートは、Windows Vistaに何か好影響があるかとちょっと期待しましたが、変化はありませんでした。(´ヘ`;)ハァ

早く解決しないかなぁ。(^^;;


リンク: アップル - Mac.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

エディタはSuiteNavi

天候が安定しませんね。
最近コロコロ変わるので、体調を崩さないように要注意です。

トラックパッドも相変わらずですし。。。

さて、Windows Vistaでのテキストエディタですが、現在JUST Suite 2008に付属していますSuite Naviを利用しています。
このソフトは、本来ファイル(情報)管理ソフトなのですが、簡単なエディタも内蔵しています。

一太郎関係のジャストシステム製品やMicrosoft Office等のファイルは当然閲覧できますし、検索も本文内も含めて可能です。

一番の特徴が、エクスプローラのように従来のファイル(フォルダ)をそのまま利用する点が、OneNoteとの違いです。(ですよね?ヾ(^^;)オイ)

もちろん独自の管理でもOKですが、もしもの時に不便かなぁっと。(^^;)

Suite Naviの問題は、バックアップファイルがゴミのように貯まっていくことですね。(^^;;

リンク: ファイルから目的にすぐつながる!新ツール「SuiteNavi」を搭載|オフィス統合ソフト JUST Suite 2008.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

MacBook Windows Vistaのトラックパッドが変?

MacBookでWindows Vistaを使うようになってOSの癖も随分判ってきましたが、どうしてもうまくいかない点があります。

それは、トラックパッドです。
MacBookは新タイプのトラックパッドを採用し、見た目ボタンレスの仕様となっていますが、この点が問題なのかドラッグ操作がうまくできません(;´Д`)

理由はわかりませんが、ドラッグの維持が出来ない感じです。
例えば画面の右端から左端へファイル(アイコン)を移動させようとすると、一度の操作で端まで移動できない為、一瞬指を話しますがその時点で勝手にドロップしてしまします。
これは、トラックパッドを押し込んで操作するドラッグでも同じです。

ただ、場面によっては普通にドラッグ操作が出来たりもします。

・・・何故?( ̄▽ ̄?

ちなみにマウスを繋いでの操作では問題が出ません。
また、Mac OS X10.5 Leopard上でのトラックパッド操作は、問題なく操作できていますので僕のやり方に問題は無いと思っていますが。。。謎です。

バグかなぁ~と思ったりもしていますが、Appleからはアップデートは出ていませんし、僕の環境だけなのかな??(・_・;)

この辺は継続調査してみようと思います。

リンク: アップル - MacBook.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

MacBook 時計が狂う・・・の巻(苦笑)

寒いですぅ〜〜!(((〜O〜)))
今日は一段と冷えますねぇ。

今年は寒いってテレビでは言っていましたが、11月が暖かい日が結構ありましたし信用していませんでしたので、急に冷えると堪えますねぇ。(^^;;

さて、今日は今更気づいた時計の問題です。

インテルMacでWindowsとMacOSの両方を利用している方の間では有名らしいですが、今になって気がつきました。
Mac OS X10.5 Leopardのトラックバッドの設定がたまにおかしくなるので妙だなぁっと思ったのですが、、、(・_・;)

原因は、Mac OS XとWindows側とで日時の考え方が違う点にあるとのことです。
具体的にハードに設定されている日時の考え方です。

例えば、Mac OS X10.5 は、

「ハードに設定されている日時は「世界標準時間」なんだから日本では、プラス9時間くらいにしないとね。( ̄▽ ̄)ノ」

と解釈し、Windows Vistaは、

「ハードに設定されている日時は「その国(場所)の基準」なんだから日本では、ハードに設定されている日時通りにしないとね。( ̄ー ̄ )」

という感じです。

このことに関してAppleは、

「ネットに接続して、毎回時間を設定しましょう!( ̄▽ ̄;)」

なんて説明しています。(Boot Campアシスタントで印刷した書類より)

僕のように普段ネットに繋がっていない人って結構いると思うのですが、アメリカでは殆どの人が常時接続なのでしょうか??┐(´・c_・` ;)┌

これでは、起動するOSを変える度に時計が正しく表示されません。(--;)
正直参りました。
根本的に解決できる方法が見つかりません(;´Д`)

MacBook上で起動したWindows Vistaを色々チェックしていて、Windows Vista内で隠れて動作している「サービス」の中に「」なる時計関係のプログラムが動いています。

 もしかして、このソフトが何か関係あるかも?(?_?)

と思い、サービスを停止してOSを再起動、また起動をして再起動してみましたが、、、違いがわかりません。( ̄▽ ̄;)
と言うわけで、不要と思われるサービスは停止です!( ̄▽ ̄)ノ
(ホントは何かで必要だと思われますので、自己責任で(^^;;)

さて、困りました。(´〜`)

僕の場合Mac OS X10.5 Leopardがメイン利用となりますので、ひとまずはWindows Vista側のレジストリを弄り、Mac OS X10.5 Leopardと同様にハードに設定されている日時を「世界標準時間」と指定し、Windows Vista側のネット経由の時間あわせをオフにしました。

レジストリエディタを起動し、、、あ!標準ではどうして良いか判りませんね。(^^;)
スタートメニュー内の検索枠に「regedit」と入力すると検索結果が出ますので、それで起動して下さい。

起動しましたら、

「HKEY_LOCAL_MACHINE」-「SYSTEM CurrentControlSet」-「Control」-「TimeZoneInformation」

と辿っていきます。
その「TimeZoneInformation」の中で「RealTimeIsUniversal」と言う名前のDWORD(32ビット)値を探します。
無い場合は、新規に「RealTimeIsUniversal」と言うDWORD(32ビット)値を作成し、値を「1」とします。

これで、OSを切り替えても時間が狂うことは無くなりましたが、ソフトのインストールやアップデート、また休止状態から復帰すると何故か時計が狂います。
(恐らく、時計のデータをOSの時計関係のソフト経由ではなく直接見ているソフトがあったりするのかも知れませんが、インストールしたソフトを利用している限りは、ちょっと判りません。)
Windows Vistaを再起動すれば復帰しますが、、、ねぇ。(x_x;)

Mac OS X10.5 Leopard上でバーチャル環境を利用して起動すれば解決する問題かも知れませんが、レスポンスが犠牲になるなぁ〜とか、別に出費がかかるなぁ〜とか気になることが沢山あります。(^^;;

う〜ん、まあ一通りソフトのインストールも終わったので、これからはそれほど表面化しないと思いますが「休止状態」が使えないのは。。。

う〜ん。(>_<。)

リンク: アップル - MacBook.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

MacBook Winソフトインストール

無事Windows Vistaのインストールも済み、一安心しています。(^^;)

後はソフト関係のインストールです。
インストールするソフトは、

1) Microsoft Office 2003 Professional Edition
2) Microsoft Office 2003 OneNote 2003
3) JUST Suite 2008
4) Kaspersky Internet Security 2009
5) Firefox

です。

Microsoft Office 2003とJUST Suite 2008がダブっていると言わないで下さいね。(^^;;;

Microsoft Office 2003は仕事関係のデータを扱うには(特にWord)必要ですし、またExcelは便利ですよね。(^^)
でも、ワープロはやっぱり一太郎ですし、個人的には過去の資産も沢山ありますし。(^^;)

OneNote2003は色々なデータを一括管理できるソフトです。
イマイチ使いこなせていませんが、MacのNewNOTEPAD Proみたいにちょこちょこ使っています。(^o^;

ウイルス対策ソフトは、今回新たにKaspersky Internet Security 2009を導入することにしました。
と言うのも、ウイルス検出及びファイヤーウォール機能がかなり評価されているような点が気に入っています。
動作が重いとか価格が高めな点が気になりますが、やっぱりセキュリティソフトは基本性能が高くないと意味がない気もしますしね。(^^)

それにジャストシステムから販売されているので(ソフト製作は別会社みたい)
地元企業ひいきと言うことで。( ̄▽ ̄;)

Firefoxは、Mac OS X10.5 Leopard側と環境を揃えるという意味で。(^-^)
Internet Explorer7も悪くはないですが、揃えておく方が操作感とか表示の関係も近いかな?っと。(^^ゞ

その前にちょっと段取りです。
オフィス関係はアップデートが沢山出ているのが常ですし、Microsoft Office 2003及びOneNote2003はWindows XP時代のソフトなので、OfficeUpdateがどう作用するか判らないので、先にダウンロードして対応しました。

JUSTは、ソフトをインストール後にネット経由のアップデートです。

それとFirefox3.0.4もダウンロード

さて準備はOKです。

後は古いソフト順にインストール&アップデートです。
詳細は省略しますが、例えばMicrosoft Office 2003をインストールすれば、即アップデートみたいな感じです。

オフィス関係は普通に終了し、早速試そうと思ったらいきなり問題発生!( ̄□ ̄;)!
その問題とはATOKです。
MacBookのキーボードでは日本語IMEのオンオフが出来ません。
Windows Vista標準搭載のMS-IMEは「caps」キーでオンオフが出来ますが、ATOKでは出来ません。

念のために色々キーを押してみましたが変化無し。(´ヘ`;)ハァ

仕方ないので、ここはキーカスタマイズで対応。
キーカスタマイズ画面で、左下の方に「機能」と「キー」の選択項目があると思いますが、それで「キー」を選び「キーを検索」ボタンを押します。
すると、設定したいキーを押すように則されるので、IMEのオンオフを定義したいキーを押すと現在そのキーに割り当てられている機能が表示されますので「変更」ボタンを押し機能を割り当てて下さい。

後はそのカスタマイズした内容(スタイル)を保存すればOK。

僕はどれに割り当てたかというと「かな」キーです。
この辺は個人の好みで対応して下さい。(^^)

次はFirefoxです。
これもインストール自身は問題ないのですが、ブックマーク関係をどこに置いて良いか全く判らず(--;)
仕方ないので、Mac版のFirefoxのブックマークの管理画面でブックマークをエクスポートし、Windows版のブックマークの管理画面でインポートしました。

さて、後はテキストエディタです。
これは今調査中です。
何せWindowsはテキストエディタが多いですからね。(^^;)

さて、今日はここまでです。
実はまだ問題があるのですが、また次回に。(^O^;;

リンク: アップル - MacBook.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

更新終了

更新終了
頂き物です。( ´∀`)


有料(>_<;)☆\(ーー;)バキッ 優良ドライバーの僕は、早めに終わりました。( ̄ー ̄)

そこで知ったのですが免許証の種類に中型と言うのが出て、分類が細かくなるとの事なのです。

僕の場合は、8tまでの限定の中型免許証となっています。

その事は従来の普通運転免許証と乗れる車の差がないと言うことで良いですが、中型車を運転して違反をした場合大型と同レベルの罰則となります。((((゜д゜;))))


違反には気を付けませんと。(・・;)

・・・って僕が乗っている範囲では影響ないですが。(^_^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

免許更新

ただ今、運転免許証の更新に来ています。

早く来すぎてしまいましたが( ̄▽ ̄;)


来年から免許証がIC化されるとの事で、更新手数料が上がります!Σ( ̄□ ̄)!

と言うわけで、早めに対応してコスト削減です。(^^ゞ


MacBookにインストールしたWindows Vistaに悪戦苦闘中で眠いですぅ〜

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新MacBookへWindows Vistaをインストール

さて、今日は遂にWindows Vistaのインストールです。

今回のMacBookの環境設定で一番のキモです。

その前に、すっかり忘れていたプリンタPIXUS iP90の設定です。
まあ、この辺は最新版をキヤノンのサイトよりダウンロードしてセットアップすればOKですね。(^^)

ただ、PIXUS iP90のユーティリティが「アプリケーション」フォルダ内にありません。
あれ?このファイルってドライバーだけだったかな??( ̄▽ ̄;)

まあ、Bluetoothの設定に関してはPIXUS iP90側は既に出来ていますし、後はMac OS X10.5 Leopard側の設定だけですからね。
ドライバーをインストール後にPIXUS iP90をUSB接続するとシステム環境設定の「プリンタとファックス」の中に何故か勝手にPIXUS iP90が設定されました。
一台も登録がなかったからかな??
その後は、Mac OS X10.5 LeopardのBluetoothをオンにして、先程の「プリンタとファックス」の中の「+」ボタンを押しプリンタを追加します。
この中でBluetoothを選ぶと勝手に検索しだして表示しますので案外簡単にできました。
その時にBluetooth機器に設定されているパスワードを要求されますので、入力してくださいね。

さて、何故ここでプリンタの設定をしたかというと「アプリケーション」フォルダにある「アクセサリ」の中に「Boot Campアシスタント」があるのですが、それを起動すると

「まずは説明書を印刷してくださいね〜♪ヽ(^∀^ )ノ」

と言われちゃいます。

無視してもOKなのですが、ここは石橋を叩いて渡る僕としてはまず印刷しておきました。(27枚くらい)


次にHDD容量の割合を決めます。
僕のMacBookの内蔵HDDは160GB。
半分ずつにしようかなぁ〜っと思いましたが、使うのはマックがメイン。。。でも、もしかするとWindows Vistaに沢山ソフトや色々入れる可能性もありますので、

 ・Mac 85GB
 ・Win 65GB

としました。

え?10GB足りない?
僕にも判りません。(>_<;)☆\バキッ

もしかするとOS以外のシステムが利用しているのかも知れません。

ここで注意点ですが、Boot CampアシスタントはMacに保存されているデータを保持したままHDDを分ける(パーテイションを分ける)事が出来ますが、ただこれは連続した空き領域があることが条件です。
また、1つのHDDを既に複数のドライブへと分けている場合もダメです。

僕の場合、パーテイションは分けていませんし(購入時のまま)、HDDの断片も殆どがソフトを入れただけの状態なので問題なく対応できました。
これが案外時間がかかりませんでした。(^^)

さて、気を取り直して進めますね。

Boot Campアシスタントの指示通りWindows VistaのインストールディスクをMacBookに挿入してインストールを開始をクリック!!

再起動してセットアップが始まります。(ちょっと待たされますが。。。)

後は指示に従うだけですので、細かいことは省略しますが注意点を。
(僕が利用したWindows VistaのインストールディスクはDSP版(で良いですよね?(^^;))ですので、細かい部分で差があるかも知れません。

1) Windows Vistaのインストールディスクはアップグレード版はダメ!

この辺は大丈夫ですよね。(^^;;

2) インストール前にHDDのフォーマットが必要

これが一番ビビリますが、身長に対応すればOKです。
どのドライブにインストールするか選択する画面があらわれますが、ここでいくつか表示されているドライブの中から「なんたらかんたら Boot Campヾ(^^;)オイ」のドライブを選択してください。
そして、右下の方にある青い文字の「ドライブオプション」をクリックしてその中のメニューでフォーマット選んで下さい。

3)インストールディスクの取り出し

これも一瞬困りました。(^^;)
Windows Vistaでマック関連のドライバーをインストールする為に、MacBook付属のインストールディスクをセットしないとダメなのですが、Windows Vistaのインストールディスクが入っている為入れることが出来ません。
マウスを持っていれば「コンピュータ」(WindowsXPまでは「マイコンピュータ」)を開いてDVD-RWドライブ上で右クリックをして、取り出しを利用すればOKですが、マウスが無ければ。。。ムムム。(・_・;)

と思ったら、Windows Vistaの場合「コンピュータ」を開いてDVD-RWドライブを指定すれば、ウインドウ上部に「取り出す」ボタンがあらわれます。
これを押せば、ディスクが排出されます。(^^)
この点は流石Vista!(^O^;;

後、セットアップが完了しましたら、Mac OS X10.5 Leopardの時と同様に、通信環境を構築してWindowsUpdateを行います。
これが今までのWindowsUpdateと違い、Webブラウザを起動せずに専用のソフトみたいなものが起動します。
この辺は「やっと。。。(^^;」という感じですが、以前よりアップデートがスムーズに行われるようになったと思います。

ここでも注意点。
WindowsUpdateですが、緊急性の高いものしかインストールされません。
僕自身はそれ以外のWindowsのバグや修正も基本的に適用していますので、気になる人はWindowsUpdateウインドウの右上の方に適用されていないアップデート内容が確認できるボタン(名前忘れた(^^;;)がありますので確認して、必要に応じて適用しましょう!

ちなみに僕は「Windowsサーチ」以外は適用しています。(^-^;

リンク: アップル - MacBook.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新MacBook 気になる点

色々セッティングをしながら使い出していますMacBook。
今日はちょっと一休みで、ちょっと気になる点をピックアップ!

1) キーボードがちょっとグラグラ(by PowerBookG4比較)

この辺は仕方ない気もしますが、ボディがアルミになって高級感が出てますのに、この辺が残念ですね。
入力自体問題が出ているわけではありませんから、ここはカチッとぐらつきのないキーボードにして欲しいですね。(^^;)

2) 液晶画面がテカっている。(^^;;

この辺も屋外で使わない限りは気にならないでしょうけど。。。仕方ないですね。ガラスですし。( ̄▽ ̄;)
どうしても気になる人は液晶保護シートを貼るなどして対応するしかないですが、僕はそのままで行くつもりです。
自慢したいですし。(^^ゞ

3) トラックパッドの操作感覚が難しい?

これも慣れの問題かも知れませんが、無意識のうちにドラッグ操作をしている事があります。
でもせっかくの機能ですから、使いこなせるように頑張ってみます(・∀・)!

4) USBコネクタをもう一つ。。。(^^;)

今回のMacBookではFireWireコネクタが無くなりましたから、せめてUSBコネクタをもう一つ増やして欲しかったですね。
まあ、これは以前から思っていたのですが、エアーエッジやイー・モバイルをUSB接続していますから、外付けHDDにiTunesのデータを置いている僕としてはコネクタの空きがありません。(´〜`)

たちまち困っているわけではありませんが、ちょっと。。。ねぇ。

でも不満点はこのくらいかなぁ。(^^;)
液晶は新しいこともあってとても綺麗ですし、バックライトの明るさを自動で調整する機能は最初戸惑いましたが、部屋が暗いと輝度を落としてくれる点は非常に良いですね。(^O^)

Mac OS X10.5 Leopard側に関しては・・・ですが。(^^;)

問題はWindows Vistaです。
さて、次回は遂にWindows Vistaのインストールに関しての記事です。

MacにWindows。。。

僕の初体験です。ドキドキ。( ̄▽ ̄;)☆\バキッ

リンク: アップル - MacBook.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

PowerBookG4からMacBookへ移行 その3

さて今日は、データの移行です。
ここが重要ですね。
慎重に対応していきましょう。( ̄▽ ̄)ノ

まずはMailです。
HDDなどにバックアップしておいたデータをまずMacBookへコピーします。
コピー場所は、PowerBookG4にあった場所と同じです。
ただ、一度もMailを起動したことがない環境ではライブラリ内に「Mail」ホルダが無いと思いますが気にせずサクッとコピーしちゃいましょう。

MacBookへコピー後、その「Mail」フォルダにあるファイルを整理します。
と言うのも、僕はMac OS X10.3 Panther時代からデータを引き継いでいるので、不要と思われるファイルが沢山あるからです。

と言うわけで、

 ・「Mailboxes」フォルダとその中身
 ・「RSS」フォルダとその中身

を残して、それ以外はサクッと削除しました。。。きっと大丈夫。ヾ(^^;)オイ

そして、Mailを起動してメールアカウントの設定を行うのですが、この時に出来ればネット接続をオフにして対応しましょう。
理由は、何か設定する度にメールサーバーに確認を勝手にする為です。
はっきり言って邪魔なだけですので、ネットに繋がらないようにしてエラーを出させてそのまま先の設定を進めた方が効率的です。
(通信速度が遅い環境ほど効果有り)

複数のアカウントを利用している場合は、1つのアカウントが設定終了後もMailの「環境設定」内でドンドン設定してきましょう!( ̄▽ ̄)ノ

Mailのアカウント設定については・・・自力で頑張ってください。(>_<;)☆\バキッ

さて、設定が終わったら早速受信してみましょう!
接続が終わって、受信開始!!

おっ!受信してる!成功だ!!\(^▽^)/
・・・あれ?メールサーバー内のメールを全部受信してる?!( ̄▽ ̄;)

まあ、僕は1ヶ月単位でサーバー内のメールは削除しているので問題ないですが、要注意ですね。
たまたま受信トレイは空にしておいたので特に被害もないですけどね。

メールの設定が終われば、次はWebブラウザーのFirefoxです。
これは事前に最新版をPowerBookG4でダウンロードしておいたので、インストールはこのファイルを利用します。
データは、HDDに保管しておいたフォルダごとMacBookへコピーです。
場所はPowerBookG4にあった場所にします。

コピーが終われば、次はFirefoxのインストールです。
これは・・・省略します。(^^;;

インストールが終われば起動すると、、、ブックマークもFirefox内に保存されていたパスワードも引き継がれています。(^^)
これは楽ちんでしたね。
気になる人は、一度キャッシュ関係はクリア(削除)した方が良いと思います。

さて、次はウイルス対策です。
これがネット社会においては一番重要ですね。

僕が利用しているソフトは

 ・Norton AntiVirus 11
 ・Norton Confidential

です。

正直Norton Confidentialは発売時期が古く、インテルMacへの対応はアップデート後なのでちょっと心配です。

と言うわけで、インストールの順番は

 1.Norton Confidential
 2.Norton AntiVirus 11

としました。
まあ、古い順位に入れちゃおうというわけです。(^-^;)

インストール自体は問題なく進み、各インストール後に「LiveUpdate」を実行するよう進められますが、ひとまず後回しで全てインストールしてMacBookを再起動しました。

案の定メニューバーに、Norton QuickMenuが出てきていません。
システム環境設定内のNorton QuickMenuを起動すると、システムエラーで起動すらしません。
おまけにシステム環境設定がダウンしちゃいました。( ̄□ ̄;)
まあ、システム環境設定はまだ起動すれば問題ないので、まず「アプリケーション」フォルダ内の「Symantec Solutions」フォルダ内にある「LiveUpdate」を起動して最新版に更新します。

が!これも何故かエラー発生!!スクリプトエラー?!( ̄□ ̄;)

ひとまずMacBookを再起動し、再度LiveUpdateを実行!
今度は無事更新完了しました。(^^;)
でも、Norton QuickMenuは現れない。。。(・_・;)
システム環境設定内のNorton QuickMenuを起動し、メニューを表示するをいったんオフにして、いったんシステム環境設定を抜け、またシステム環境設定内に入り、今度はメニューを表示する設定に変更し、再びMacBookを再起動!
すると、無事Norton QuickMenuが表示されました!!(^O^)

いやぁ〜、良かった良かった。( ̄▽ ̄;)

その後も何度かLiveUpdateを行いましたが、都度アップデートがありました。
何故だろう??と思いましたが、まあ良いでしょう( ̄▽ ̄;)ノ

これでMacBookのセキュリティ対策はOK。

そうそう!何故ウイルス対策がMailより後になったかというと、ただ単に忘れていただけです。(>_<;)☆\バキッ

さて次は、、、(^^;;
アドレスブックのデータです。
これは至って簡単。
HDDに保存した「アドレスブックのアーカイブ」を読み込むだけです。
アドレスブックを起動し「ファイル」メニューの「読み込み」の中に「アドレスブックのアーカイブ」がありますので大丈夫ですね。(^^)

さてはATOK2007のセットアップです。
まあ、この辺は普通にセットアップするだけなので面白くないです。( ̄▽ ̄;)
セットアップをして再起動をし終わったらHDDにコピーしているユーザー辞書をMacBook内にコピーするだけです。
この後、日本語入力をして辞書がない〜!とかエラーが出たときはATOKの環境設定内で、ユーザー辞書の設定をしましょう!
「環境設定...」-「辞書・学習」-「詳細設定...」と進むと下の方にユーザー辞書の指定箇所があります。
コピーした辞書と名前が一緒かも知れませんが、再度指定し直してみてください。
これで変換が可能になります。

次はT.Clip X StdとJedit X(Ver.1.47)のセットアップです。
この辺は特に困ることもなく完了!(∩_∩)

次は、iPhotoの設定です。
正直これは緊張しました。(^^;;
何故かというと、僕が普段利用しているiPhotoのバージョンが古いからです。(^O^;
と言っても、何事もなくおわっちぃました。
基本的にデータは外付けHDD内においておくので、MacBook内の「ピクチャ」フォルダ内にあるiPhotoのライブラリを削除するだけです。
このままiPhotoを起動すると、ライブラリはどこじゃ〜〜!( ̄□ ̄;) っとiPhotoが聞いてきますので、場所を指定すればOK!(^^)

次はiTunesです。
これはバージョンが揃っているので、それほど心配は・・・ね。(^^;;
iTunesを起動し、環境設定で音楽ファイルが入っているフォルダを指定。
それだけではダメで、後は「ファイル」メニューにある「ライブラリに追加」を選び、音楽ファイルが入っているフォルダを指定すると読み込みが始まります。

正直ちょ〜っと時間がかかりますが、しばらく待つと読み込まれます。
この後、iTunesが何かしようとしますが中止しちゃいました。(^O^;
問題なく使えていますし、別にOKですよね?ヾ(^^;)オイ

普通はデフォルト状態で各ユーザー毎に「ミュージック」フォルダ内にある「iTunes」フォルダに音楽データが存在し、それを丸ごと新環境へコピーすればこういった手間無く対応出来ると思います。
古いバージョンから新しいバージョンへの対応も問題ないはずです。
この辺の情報は他の方にお願いしましょう。(>_<;)☆\バキッ

次はMicrosoft Office 2008 for Macのインストール!
Microsoft Office 2004 for Macのインストールをするかどうか悩みましたが、Windows VistaでMicrosoft Office2003を動かそうと思っていますので、MacBookにはMac版はMicrosoft Office 2008 for Macだけを入れることにしました。

この辺も一度インストールの経験があれば特に困ることはありません。
インストールディスクからインストール後にサービスパック1を適用してその後に更にアップデートを適用するだけです。
気をつけることは、Microsoft Office 2008 for Macがアップグレード版なので、Microsoft Office 2004 for Macのインストールディスクが必要なことだけです。

さて、最後にセットアップはAppleWorks。
この辺は、、、実は!!
何事もなく終了しました。ヾ(^^;)オイ
動作確認に関しては、、、軽く使った限りは問題ないですが、まだ何か問題が潜んでいる可能性もありますので、この辺は他の方に確認を (゜゜(○=(-_-;)ボコッ

インストールしましたソフトはひとまずこの辺りです。
PowerBookG4の環境が随分整いました。(^^)
やっぱりOSが同じうちに移行した方が少しは楽ですね。

リンク: アップル - MacBook.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

PowerBookG4からMacBookへ移行 その2

今日も寒いですねぇ。
アルミボディのMacBookも起動直後はひんやりしています。(^^;)

さて、今日は新MacBook(13.3インチ アルミ 2.0GHz)の準備です。
・・・と言っても特に普通に設定するだけですが。ヾ(^^;)オイ

電源を入れたときのオープニング良いですねぇ〜!
いろんな国の言葉での挨拶。
共通OSで各国に対応しているMac OSならではです。

さて、このセットアップで気をつける事は、昨日書きましたとおり「移行アシスタント」。
この機能はを使いませんのでデータを移行しないでスルー♪( ̄▽ ̄)ノ

後、ユーザー登録ですが、昨日書きました正式アカウントでフォルダが作成されるように入力してください。
パスワードもひとまず以前と一緒にしておく方が何度も入力する場面に遭遇するので、1つ覚えたら対応できます。(^^;;

で、色々設定すればヾ(^^;)オイ
Mac OS X10.5 Leopardが無事起動します。

ここで嬉しくて色々弄りたくなりますが、先にネットワーク関係のセットアップをしてインターネット接続環境を作成します。
理由は、ソフトウェアアップデートを行い、既に最新環境になっていPowerBookG4に環境を合わせる事と、発売時点のMacBookにバグがあるらしいのでその解決を行う為です。

僕の場合はまずイー・モバイルの設定を行い、次にシステム環境設定のセキュリティの設定でファイアーウォールを「必須サービスのみ可」をオンにします。
そしてその中の「詳細」ボタンを押し「ステルスモードを有効にする」をオンにします。

無線LAN等の設定は各環境毎にしてくださいね。(^^;;

と言うわけで、ソフトウェアアップデート!
選球契約したばかりのイー・モバイル効果でダウンロードが速いです(・∀・)!
エアーエッジとは全く違いますね。

こりゃ〜、イー・モバイルが調子良いわけですね。(^^;;
エリアという大きな問題がありますが( ̄▽ ̄;)

話が逸れましたので、ここで軌道修正。(^^;)
アップデートの内容は

 AirMac Extreme アップデート 2008-004 (1.0)
 デジタルカメラ RAW 互換性アップデート (2.3)
 トラックパッド・ファームウェア・アップデート (1.0)
 Security Update 2008-007 (1.0)
 移行および DVD ? CD 共有アップデート (1.1)
 Remote Desktop クライアントアップデート (3.2.2)
 MacBook、MacBook Pro ソフトウェア・アップデート (1.2)
 QuickTime (7.5.7)
 iTunes (8.0.2)
 iPhoto アップデート (7.1.5)
 Safari (3.2.1)
 Front Row アップデート (2.1.6)
 Java For Mac OS X 10.5 アップデート 2 (1.0)

となっています。(11月30日現在)

多いですが、WindowsよりマメにOSをアップデートしています分、新機種購入時のアップデートの量はマシな方なのかも知れませんが。。。( ̄▽ ̄;)

さて、今日はここまでです。
ここまでで、下準備が出来たと言うところです。
明日はデータの移動の開始です。(^^)


リンク: アップル - MacBook.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

PowerBookG4からMacBookへ移行 その1

冷えますねぇ。(((~O~)))
でも、僕は今忙しいのでそれどころではありません。(^^;)

MacBookの環境設定は思った以上に手間取っています。
まあ、これがよかったりもしますけどね。(^_^;)

さて、これからしばらくはPowerBookG4(12インチ 1.5GHz)から、MacBook(アルミ2GHz)への移行に関する事を書いていこうと思います。

まあただの苦労話になるかもしれませんが。(^^;)

というわけで、今日は環境移行前に僕がしていたことを書きます。

最初に書きますが、今回はMac OS X10.5 Leopardに搭載されている「移行アシスタント」は利用しませんでした。
理由は、PowerBookG4とMacBookはCPUメーカーが異なる為、移行データによってはトラブルの原因になる可能性があると感じたからです。
また、ネット上で今回のMacBookに搭載されている「移行アシスタント」はバグらしきものがあるらしいので、先にアップデートの必要性がありますので、それならなるべくデータを自分の手で移行しちゃえ!(・∀・)!と言うことにしました。

環境は

 PowerBookG4(12インチ 1.5GHz)
  OS:Mac OS X10.5 Leopard 10.5.5
  11月30日までに出ていたアップデートは適用済

 MacBook(13.3インチ アルミ 2.0GHz)
  OS:Mac OS X10.5 Leopard 10.5.5
  購入したまま

・・・と言うわけで、OSはPowerBookG4が最新です。(^^;)

まず、PowerBookG4(12インチ 1.5GHz)ですが、データは基本的にUSB接続のHDDを利用していますので、Mac内にそれほどデータはありません。(^^;;
Mac内にある重要データは

 1) Mailのメールデータ
 2) Firefoxのブックマークや内部で管理していますパスワード
 3) Thunderbirdのメール・アドレスデータ(去年まで使っていた分)
 4) キーチェーンデータ
 5) アドレスブックのデータ
 6) ATOK2007のユーザー辞書

といったところです。
他は利用していないので。。。(^^ゞ

iTunesは内部でも一部データを持っていたりしますが、今回は無視しました。(^^;)
4)のキーチェーンのデータも再登録するということで、無視しました。(^O^;;

残るデータですが、5)のアドレスブックのデータはアドレスブックを起動し、「ファイル」メニュー内の「書き出す」→「アドレスブックのアーカイブ」を利用しました。
ちなみに1)のMailですが、データ移行前に受信トレイの中身を最終的に空にしちゃいます。
と言うのも、以前Mailで受信トレイ内の受信メールが消し飛ぶ事件を経験してからシステムが用意しているフォルダは危険である可能性があるので、Mailの中で別途フォルダを作成し、その中に移動させてました。
そうすると「ライブラリ」内の「Mail」フォルダの中の「Mailboxes」フォルダ内に先程作成したフォルダが存在し、その中に移動させましたメールが入っています。

1)〜3)はフォルダごとのコピーです。
これらは各ユーザーフォルダ内の「ライブラリ」フォルダの中にあり、1)Mailは「Mail」フォルダ、3)Thunderbirdは「Thunderbird」フォルダがあります。
2)Firefoxは「ライブラリ」フォルダ内の「Application Support」フォルダの中に「Firefox」フォルダがあります。

これら1)〜3)と5)のデータを外付けHDDなどにコピーをします。

さて、6)ATOK2007のユーザー辞書ですが「ライブラリ」フォルダ内の「Preferences」フォルダ内に「ATOK20」フォルダがあります。
この中にATOK2007のユーザー辞書があります。
これも外付けHDDなどにコピーしちゃいましょう!( ̄▽ ̄)ノ

さて、これで終わりではありませんよ〜!(^O^;;

今度はあらゆるIDやパスワードのチェックです。
上記のコピーで引き継がれる部分もありますが、もしもの事がありますからね。(^^;)
テキストデータ上でも紙のメモでもOKですが、間違えないようにしましょう!

この部分で注意は、Mac OS Xへログインして利用しているアカウントのチェックです。
各ファイルにはアクセス権が設定されており、ユーザーが変わると閲覧は出来ても編集が出来ないなどの弊害が出る可能性がある為です。
ここで気をつけて欲しいのが、正式(?)のアカウント名が必要だと言うことです。

例えば、「あああ」と言うアカウント名の人が必ず正式アカウント名が「あああ」とは限らないと言うことです。
理由は恐らくシステム環境設定内でユーザー名が変更可能になっている為だと思われます。
コロコロ変えると、それにあわせてアクセス権をシステムが設定することが大変ですからね。(^^;)

ただ、システム環境設定の中では確認できないという不親切さです。

でも実は簡単に判っちゃうんですよ。(^^)
普段Finderでアカウント毎にフォルダが作成されていると思いますが、その家のアイコンが今ログインしている正式アカウント名です。
このアカウント名・パスワードもメモしましょう。

さて、今日はここまでです。
明日は新MacBookのセットアップ編です。
かなり省略すると思いますが。ヾ(^^;)オイ

リンク: アップル - MacBook.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »