« Mac OS X10.5 Leopard 導入! | トップページ | MacOS X 10.5 Leopard インストール前に »

Mac OS X10.5 Leopard USB型通信端末"DD"WS002IN利用

Mac OS X10.5 Leopardを使い出して、今のところトラブルらしきことは無し。
上書きでのアップグレードでトラブルに遭うかと思いましたけどね。(^^;)

OSのアップグレードで僕が一番気にしているのが、インターネット接続環境。

何せ僕のネット接続環境はWILLCOMのエアーエッジのみ。
Mac OS X10.5 Leopardへのアップグレードに対して一番の不安は、ネット環境でした。
今はUSB型通信端末"DD"WS002INを利用して接続しているので、これがダメだと困っちゃいます。

実はアップグレードしだして、この動作確認をすることをすっかり忘れていました。( ̄▽ ̄;)


結論から先に言うと、
PowerBookG4(12インチ 1.5GHz)でのUSB型通信端末"DD"WS002INの利用は、
MacOS X10.4以降用のドライバーで対応できました。ヽ(^∀^ )丿

一応僕が行った手順を書きます。

OSのインストールが終了後、HDD内部の個人のファイルが無事であることを確認後、「Modem Scripts」内に「WILLCOM W-SIM MODEM」を確認。
そして、USB型通信端末"DD"WS002IN用のドライバーをインストール。

そして、システム環境設定のネットワークをチェック。
設定は上書きアップグレードなので、引き継がれていたので楽ちん。
モデムの設定が、製造元が「その他」で端末が「WILLCOM W-SIM MODEM」になっていたらOK。

後はネットに繋ぐだけなのですが、ここでスト〜〜〜ップ!!(・0・;)/

インターネット接続と言えば、ウイルス、不正アクセスなど危険がいっぱいです。
その為に、最近のOSはファイヤーウォール機能が搭載されています。
当然Mac OS X10.5 Leopardにもその機能は搭載されています。

念のためにきちんと働いているか確認しようと思いましたが、システム環境設定の「共有」の中には無し。
どこかなぁっと探検しながら探すと、「セキュリティ」の中にありました。
ちょっと戸惑いましたが、場所的には最適化されたと思いました。

ここまでは良いのですが、

何故かその機能がオフになっていました。( ̄□ ̄;)


僕の環境だけかも知れませんが、、、なぜ??(´ヘ`;)ハァ


まあ、ここはオンにしたのですが、これって判りにくくなっていません?(・_・?

と言うのも、設定画面で

 ・すべての受信接続を許可
 ・すべての受信接続をブロック
 ・特定のサービスおよびアプリケーションにアクセスを設定

の3つから選ぶのですが、「すべての受信接続をブロック」が通常のファイヤーウォール機能オンなのですが、文だけを見ると

 全てブロックって、ネットやメールが利用できないじゃん!( ̄▽ ̄;)

って思っちゃいますし。(^^;)

この全てブロック状態で問題がある人は、「特定のサービスおよびアプリケーションにアクセスを設定」で特定のプログラムなどの通信を許可しちゃうって感じだと思います。
(この辺は未確認。(^^;)


さて、ファイヤーウォール機能の設定も確認できたらネットに接続です。

無事繋がったら、僕は早速「ソフトウェアアップデート」を行いました。
この辺はWindowsで習慣になっちゃいましたからね。A^_^;)

すると、リモートアクセス関連のアップデートが出ていました。
この辺は利用することが無いとはいえ、セキュリティに関わるのですぐにアップデート。

Firefox2.0.0.8やThunderbird2.0.0.6も動作を確認。
特に問題は無さそうです。(^^)


Spotlightのインデックス作成中はシステム全体的なレスポンスが落ちるので、ちょっと気になりましたが今は、思ったほど動作が重くなることもなく使えています。(^^)

OSの最適化にかかり力を入れたんだなぁっと思いました。
まあ、最後のPowerPC用のOSになるかも知れませんから、その辺もあるのかも?(^^;)

|

« Mac OS X10.5 Leopard 導入! | トップページ | MacOS X 10.5 Leopard インストール前に »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10814/16890345

この記事へのトラックバック一覧です: Mac OS X10.5 Leopard USB型通信端末"DD"WS002IN利用:

« Mac OS X10.5 Leopard 導入! | トップページ | MacOS X 10.5 Leopard インストール前に »