« MacOS X対応ウイルス(^^;) | トップページ | MacOS Xの脆弱性はかなり危険!? »

Safariに脆弱性?

昨日、Macのウイルスについて話しましたが、今度はMacOS X自身の脆弱性が公表されました。

問題はWebブラウザーのSafari。
Safariには、ファイルのダウンロード後、安全なファイルは自動で開く機能があったりします。
この安全なファイルとは、ムービーや画像、サウンド、PDF、テキスト、ディスクイメージ、その他アーカイブなどが含まれます。

となると当然ZIPファイルも自動解凍されるようになっています。
一応、ZIPファイル内の、アプリケーションなどを自動でインストールするようなものはユーザーに確認するようになっていますが、これを回避する事が可能であることが発覚したとのことです。

まあ、圧縮ファイルに対する仕様もそうですが、正直ダウンロードファイルをデフォルトで自動で開くようになっている仕様が問題あるかと思いますけどね( ̄▽ ̄;)

Safariを利用していたときは、当然この機能はオフにしていました。
Firefoxはファイルのダウンロード開始前に、どう対応するか聞いてきますからね。

ちなみに現在最新バージョンであるMacOS X10.4.5とSafari2.0.3で確認されたようなので、Safariを利用されている方は、自動でファイルを開く機能をオフにしちゃいましょう!( ̄▽ ̄)ノ

|

« MacOS X対応ウイルス(^^;) | トップページ | MacOS Xの脆弱性はかなり危険!? »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10814/8782463

この記事へのトラックバック一覧です: Safariに脆弱性?:

« MacOS X対応ウイルス(^^;) | トップページ | MacOS Xの脆弱性はかなり危険!? »