« MozillaからSeaMonkeyへ | トップページ | ニンテンドーDSゲット! »

フィッシングメール

昨年から特に今年はフィッシングメールが何かと話題になっています。
そして引っかかる人も結構いるようです。
あ!魚釣り大会のお誘いメールではありませんよ(>_<;)☆\バキッ

日本ではあまり被害が出ていないのか、被害に遭った人の声を多くは聞きませんが、誰が引っかかってもおかしくないこの問題メール。
簡単にいっちゃうとメールで表示されているURLと実際にジャンプする先が違うURLというのが問題になっています。

これは実際Webを製作している上で便利な機能なのですが、ユーザー側からすればジャンプ先が判りにくいという問題点があります。
僕もこのプログで、Web名などを表記してそれをクリックするとそのページのURLへジャンプすると言う本来の使い方をしたときもありましたが、ちょっと違和感があり(^^;)今ではURLを表記してそしてそのURLへジャンプするようにしています。

で、最近ちょっと話が出たのが、アメリカのセキュリティメーカーで、ユーザーへ送信されたメールの内容で表記されているURLと実際にジャンプするURLが違うという事実が発覚したとのこと。
まあ、ジャンプ先はそのメーカーのWebであることには違いないのですが、本当に間違いないかユーザー側が困惑する元になりますからねぇ(^^;)
不注意というかユーザー心理を判っていないなぁ〜と思わせるセキュリティーメーカーの行動だなぁっと思っちゃいました(^O^;

|

« MozillaからSeaMonkeyへ | トップページ | ニンテンドーDSゲット! »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: フィッシングメール:

« MozillaからSeaMonkeyへ | トップページ | ニンテンドーDSゲット! »