« 雷注意 | トップページ | Microsoft LZH圧縮形式対応 »

Firefox に乗り換え

花粉症の上に風邪まで引いて辛いですぅ〜(>_<)
最近は暖かい日が続いているので、今のうちに治さないと。

最近MacのWebブラウジングに、SafariではなくFirefoxを使ってたりします。
Safari自身の機能面は十分ですが、エアーエッジで利用していると、通信が混んでいる時間帯では読み込みが途中で止まってしまったりして、不都合がでることがありました。
最近それが酷くなっている気がしていたので、ネットショッピングとかそう言った時間帯に使わないようにしていたのですが、やっぱりストレスが溜まります。(-_-;)

Mac版インターネットエクスプローラは開発が終了していますし、今後の事を考えると他のブラウザーも考えた方が良いかなぁ〜っと思ったので(^_^;)

で、最近Windowsで話題のMozilla系ブラウザー「Firefox」のMac版を使うことにしました。
Mozillaと聞いて(?_?)な人もいると思うので、ちょっと補足。
僕も詳しくはないのですがヾ(^^;)オイ
Internetが普及しだしたときに最初はNetscapeと言うブラウザーが市場を支配していました。
今はインターネットエクスプローラが支配していますけど(^^;)
で、そのNetscapeがどのバージョンからだったか忘れちゃいましたが、オープンソースで開発されるようになり、それがMozillaです。
しばらくはMozillaというブラウザーがドンドン開発され、その技術をNetscapeが利用して開発という経緯をたどっていたのですが、Mozillaをもっとシンプルにしたのがこの「Firefox」となります。
たぶんそうだと思っていますヾ(^^;)オイ

Operaやその他色々なブラウザーがありますが、ブラウザーのシェアがインターネットエクスプローラの次に大きいMozilla系のブラウザーで、シンプル化したとはいえ表示エンジンはMozillaと同じモノが使われているので、Safariよりも対応しているWebが多いのも特徴です。

正直、せっかくのMacなのにボタンなどのデザインがWindowsと同じでいまいちな部分もありますが流石に表示でトラブルが起こる部分は確かに少ないです(^^)

まだ利用し始めて間もないので、何かありましたらまた報告します(^O^)

|

« 雷注意 | トップページ | Microsoft LZH圧縮形式対応 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Firefox に乗り換え:

« 雷注意 | トップページ | Microsoft LZH圧縮形式対応 »