« iMacG5発表! | トップページ | またWindowsUpdate? »

WindowsXPサービスパック2

今日午前0時よりWindowsXPサービスパック2のダウンロードを開始しました。
しかもAirH"128kbps(実質50〜70kbps)で!
無謀とはわかっていても、これしか通信手段がない僕としては、トライすることにしました。
CD-ROMを手に入れる方法もありますけど有償ですしねぇ(^^;)
まあ最初の表示では75MBのファイルサイズがあるとの事なので、まあ2〜3時間気長に待つことにしました。(^_^;)

でもいつの間にか僕のまぶたはふさがり。。。(-_-)zzz
ハッ!!(・O・;)
もう5時になっている!(^^;)
さてダウンロードは終わって、セットアップの開始あたりかなぁ?と思ったら、なんと途中でダウンロードに失敗しましただって( ̄▽ ̄;)

再開させてみるとダウンロードは途中から始まりました。よかった(^o^;)
どうやらサービスパック2をダウンロードするための情報収集をしたりした後にエラーが起こったみたい(^^;)
で、やっぱりこれから75MBダウンロードするんだって。(-_-;)

まあ、仕方ないので待つことに。。。
午前6時45分頃、や〜っとダウンロードが完了してセットアップが立ち上がってきました。
ここまでの道のりは長かった。。。( ̄▽ ̄)ノ

で、セットアップを開始したのですが、これがまた長い(^^;)
ファイルの検証からセットアップファイルの作成、バックアップの作成、でセットアップの開始。。。もっと簡素化できないのかな?(-o-;)
これに30分に近くもかかってしまいました。

で、再起動すると「コンピューターを保護してください」とか言う画面が現れ、WindowsUpdateを自動で出来るようにセットアップするように即してきます。
僕はAirH"回線なので、もちろん拒否!「後で設定します」を選びます。

そのまま起動を進めると、今度は「セキュリティーセンター」なるものが起動してきてウイルスバスターとWindowsの自動更新が有効になっていないとの警告がでました。
ウイルスバスターはサービスパック2をセットアップするのにトラブルの元になりかねないのでオフにしていましたので納得。ファイアーウォールはウイルスバスターの機能が有効になっているのをきちんと感知していたようです。
他社製のセキュリティー製品もきちんと対応しているようで、ウイルスバスターのリアルタイムチェックを有効にするときちんと有効になったと反応するし、感心しますね。(^^)

流石に今度再起動したときは「セキュリティセンター」の画面は出てきませんがタスクトレイに常住していて「このコンピューターは危険にさらされています」との表示が出てきます。
正直うんざりしそうですが、一般的にはこのくらいうるさくないとセキュリティー意識を持ってくれないのかもしれません。

まあ、ひとまずは無事セットアップも終了し、あちこち新機能も搭載されているようですからこれからじっくりいじってみようと思います。(^^)

|

« iMacG5発表! | トップページ | またWindowsUpdate? »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: WindowsXPサービスパック2:

« iMacG5発表! | トップページ | またWindowsUpdate? »