« 昔の雑誌 | トップページ | SecurityUpdateのバージョンアップ »

バッテリー問題

MacFan 2004年10月号にバッテリーに関する記事が載っていました。
そこで僕は知らなかったのですが、充電方式に大きく分けて2つあるという点です。

・トリクル充電方式
  少量の電流を常に流し続け、満充電になっても流し続ける方式
  回路などが単純で低コスト化が可能

・フロート充電方式
  満充電になると電流をバイパスする回路に切り替える方式
  バッテリーの寿命を延ばすことが可能

で、現在発売されているPowerBookG4やiBookG4、更にiPodもトリクル充電方式を採用してるとのことです。
もちろんこれはMacだけじゃなくWindowsPCもそうだと思われます。

「それがどうした!」と思われる方がいるかもしれませんが、殆どのノートPCは満充電状態になっても充電し続けようとする過充電状態に陥る可能性があるって事です!!(・O・;)
これはヤバイですよ〜〜〜!(>O<;)
って書いている本人が一番慌ててたりしますが(^^;;;

正直防ぐ方法としては。。。
・充電が出来たら即コンセントを抜く。
・基本はバッテリー運用。
・充電はあまり高温にならないところで行う。

だそうです(^^;)
なんだか消極的な対応ですが仕方ないですよねぇ。所詮は一般市民ですから改造など高度なことは出来ません。( ̄▽ ̄)ノ

後、自宅などで充電完了時にどうしてもACアダプターによる運用を行いたい場合はバッテリーをはずしちゃってACアダプターでのみ運用するという手もあります。
メーカー保証外の使い方ですが、これならバッテリーはきちんと満充電された状態で外されていますから過充電の心配もなし!

ただ「バッテリーが傷まないように」とか「消耗しないように」とか気にしながら、過充電などで知らないうちに駄目になっちゃうのもいやですけど、あまり神経質になりすぎるのもどうかなぁっと思いますしね(^^;)

長時間のACアダプターのつなぎっぱなしには気をつける位で普段バッテリー運用を行っていれば良いとは思いますけどね。

後は、Appleのバッテリー情報も色々参考になることが出ています。
WindowsPCをご利用の方もご覧になるとお得かも?
http://www.apple.com/jp/batteries/

|

« 昔の雑誌 | トップページ | SecurityUpdateのバージョンアップ »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

 まだNiCdが全盛だった頃、その手の雑誌には「トリクル充電は自然放電する分を補い、いつでも二次電池を使用可能にする方法である」なんて書いてあったんですけどね。経験的には、ACアダプタをつなぎっぱなしにしたノートPCはやはり早くバッテリーがへたったような記憶があります。

投稿: アキヤマ | 2004.09.16 12:41

コメントありがとうございます。
バッテリーの寿命に関してはいろいろな情報が飛び交って何が正解なのかよく判りませんよね(^^;)
僕自身も、経験からACアダプターの繋ぎっぱなしは良くないなぁっとは思いますね。
ノートPCを省スペースデスクトップとして利用している人には、せっかくのバッテリーがいつの間にか駄目になってしまっていると言うことがないように気をつけてもらいたいですね。

投稿: ひろリン | 2004.09.16 23:03

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: バッテリー問題:

« 昔の雑誌 | トップページ | SecurityUpdateのバージョンアップ »