« サイトを弄ってみました | トップページ | キーボードカバー »

Macのワープロ環境を考える

Windowsでは多種多様なワープロが存在し、僕は現在プライベートでは一太郎2004、仕事ではWord(2000と2003)を利用しています。
ただMacとなると「これだ!!」というのが未だ決めかねている状態です。
表計算だとやっぱりExcelが一番だなぁっと思いますけどね。

Word2004に期待したのですが、動作が重いですし、なんと言っても入力に表示が追いつかないことが発生するのはいただけません。(--;)

現在はiBookG4に付属のAppleWorks6.2.9のワープロ機能を利用しています。
なんと言っても動作が軽いのが良いです(^^)
機能面で意見が言えるほどまだ使っていませんが、僕みたいな仕事で報告書をちょっと作ったりなど数ページ程度の書類を作るのなら十分なのではないでしょうか?

AppleWorksの問題といえば、やっぱりデータの汎用性でしょうね。
Windowsでは対応したソフトは特にないですしね。
(データコンバートソフトくらいしか対応していない気がします)
などといいながら、今となっては少数派の一太郎を使っている僕が言うことではないかもしれませんけどね(^^;)

後AppleWorksで気になるのはAppleのやる気です(^^;)
MacOS Xに対応している割には、アイコンのデザインとかインターフェイス部分は古めかしいままですしね。
iアプリ関係と連携を深めても良いかもしれないとも感じています。
もしかするとMicrosoftOfficeの事を考えてかもしれませんけどねぇ。

この10月末に発売予定のエルゴソフトのEGWORDの最新版が「動作が軽くなっている!」という点をアピールしているので、ちょっと注目しています。
このソフトはWindowsで言う一太郎的な存在なので、心の中では応援していたりします。(^^;)

ホントMacのワープロ事情って難しいです。

|

« サイトを弄ってみました | トップページ | キーボードカバー »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Macのワープロ環境を考える:

» 一太郎 for Linux [自然と人間を行動分析学で科学する]
「一太郎 for Linux いよいよ発売!」という新聞記事を読んだ。Wind [続きを読む]

受信: 2004.11.29 14:12

« サイトを弄ってみました | トップページ | キーボードカバー »