« AirH"AH-F401Uアップデート | トップページ | トロイの木馬はウイルスじゃない? »

MP3とAAC

今日も天気が悪いですねぇ。

で、特にやることもないので、以前アップデートしたiTunes4.5とQuickTime6.5.1の音質面の効果を調べてみることにしました。

ちなみにMP3に関しては手を加えていない(加える気がない?)ようなので、あまり期待はしていませんがヾ(^^;)オイ
新コーディックであるAAC(MPEG-4)を試してみることにしました。
今回のアップデートは、AACの音質改善も含まれていましたからね。

で、早速試した結果です。
以前のAACに比べて音質はあがっています。個人的な感覚になりますが、以前は広域をカットしている感じがしたのですが、それがかなり自然な感じになったと思います。
うたい文句であるMP3の160kbps並の音質がAAC128kbpsにあるように言ってますが、流石にそれは大げさかなぁ。(^^;)
ただ、MP3の128kbpsよりは確実に音質が上です。音質的にはMP3の160kbps並の感じはありあります。ただ響きというか質感というかその辺はやっぱり128kbpsだなぁっといった感じがします。

MP3の160kbpsとAAC160kbpsを聞き比べてですが、この辺は微妙ですね。
AACは確かに音質は良いですが、MP3の方が高域ののびが良いです。
このことからも低サンプリング周波数の場合に効果を発揮するのがAACであることを感じます。

まあ、この辺の評価はコーディックのできが影響をかなり受けますから、出だして間もないAACと長年の歴史があるMP3を比較するのもおかしいのかもしれませんが。。。(^^;)

|

« AirH"AH-F401Uアップデート | トップページ | トロイの木馬はウイルスじゃない? »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: MP3とAAC:

« AirH"AH-F401Uアップデート | トップページ | トロイの木馬はウイルスじゃない? »