« PEG-TH55の新規作成ボタンについて | トップページ | MacOS Xの現実 »

ATOKとATOK

iBookG4でここの書き込みメッセージやメール、仕事の書類関係など色々な文書を入力するようになってずいぶん経ちました。(^^)
MacでもATOKを使っているので、操作感が似ているのもあるでしょうけど、素直にWindowsから移行できています。

でも、気になることが出てきました。
それは変換の癖。
WindowsはATOK17、MacはATOK16
基本的には変換に関して差はないと思うのですが、微妙に違和感があります。
Mac版ATOKの方が変換精度が悪い感じが。。。
現れる候補の順番とか微妙に違うのですよねぇ。(^^;;

まあ、Windowsは古くから辞書を引き継ぎながらバージョンアップして、Mac版は全く新規なのでその差があるのかもしれません。
それに、WindowsとMacでは当然ですがCPUも違いますし、プログラム言語も異なりますからね。

というわけで、これはひたすらMacのATOKを鍛えるしかないと、意味無く文書を作成しまくりです。(^^;;;

|

« PEG-TH55の新規作成ボタンについて | トップページ | MacOS Xの現実 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ATOKとATOK:

« PEG-TH55の新規作成ボタンについて | トップページ | MacOS Xの現実 »